みらいの 暗黒面( ダークサイド )

 

僕のプロフィールでは自殺がどうとかブラック企業がどうとか・・・

 

人生つらいよって、悲しいですって話しをしてますけど、

実際そうゆうのは悲しいです。

無くしたい。

力も行動も僕にはまだまだ足りないですけど、

本気で思ってます。

 

まだ見てない人は何もわからないと思うので是非読んでみて下さい。

プロフィールです。

みらいすべてのはじまり

 

今回はもっとぶっちゃけようと思います。

僕のダークサイドです。腹の中。

プロフィールに書いてあるのは全部本当です。

 

 

簡単に言うと、

負のもの。マイナスのものとか見たくいないし、聞きたくない。

されたくないし、したくない。

してるのを見たくないし、させたくない。

 

偽善者だと笑うなら別にそれでいいです。

(泣)

 

 

毒を撒き散らすだけの人ならいなくなればいいと想ってます。

 

どんな凶悪犯でも ”改善する余地がある” なんて思ってないし。

死刑にしろとは思わない。

死なんて一瞬の恐怖で開放されるなんてぬるいっす。

死刑制度なんてやめて死にたいって思うまで苦しめながら生かせばいい。

 

 

なんてちょっと言っちゃいけない感じですかね(;’∀’)

まぁダークサイトなんですいません(笑)

まぁ多少過激じゃないとつまんないし。

 

 

因みに、マンガの「デスノート」なら

L(警察)ではなくてキラ派(犯罪者)です。

まぁそれはどうでもいいですね(笑)

すいません。

 

 

それでですね、

前に東京の品川駅のホームで友達と2人で2時間近く語ることがあったんです。

(名前はとりあえず田中君と松田君と中村君にしときます。)

 

 

品川駅で語りはじめる数時間前、

僕と友達の田中君は、松田君のバンドのライブに行ってました。

ライブ会場はあんま好きでは無い渋谷だった。

 

田中とは久しぶりに会い楽しく会話も弾んだ♪

レモンサワーも進み、僕は良い感じに酔っ払ってたかな(笑)

 

 

松田のライブも終わって、外に出た頃にはもう朝方。

そろそろ帰るかと渋谷駅に向かい電車に乗りました。

 

品川までは同じなので、品川駅で1度降りて少し立ち話をしていた。

暫くして、立ってるのにも疲れてホームのベンチに座った結果

なぜだか2時間くらいにもなってしまった( ̄▽ ̄)

 

 

その時田中が話していたことがどうにも気になり、

今こんな記事を書いています。

 

僕は田中に、共通の友達の中村の話しをした。

 

「最近は連絡も取ってないけど、

中村とかが悪い道に進んでた時期があり、

何やら良くないことなんかもしていたらしい。

小学校から仲良くて、部活も一緒だったし。

昔はそんな事する奴じゃなかった。」

 

「けど、そいつの悪い噂なんかを聞いてるとやってた事なんかは許せないし、

そういう悪いやつらとはもう関わらない方が良いって思いもある。

でも未だに友達だと思ってる自分もいる。

もう縁を切るか友達のままでいるかちょっと悩んでるんだけど・・・

どうすればいいかな?」

 

 

みたいな相談を田中にしたと思う。

 

その中村のことに対しては、

「もう縁切ればいいんじゃないの。」

ってすぐに返事が返ってきた。

 

 

あんま覚えてないけどそれからもう少し会話が続いて、

話しの中で田中がこんなことを言っていた。

その時の田中の話したことが、今もどうにもモヤモヤさせる。

 

 

共通の友人の中村に関しては、

「もうずっと会ってないし連絡もとってない。

この先もそうだろうから、もう関係無い。」

因みに田中も中村も小学校から同じで部活も同じ。

 

 

「赤の他人なんてどこでどんな事をしてようが、

俺には関係無いしどうでもいい。

俺は(最近生まれた)自分の子供が幸せになってくれればそれでいい。

今は子供が1番だし、子供と関係無い他人のことなんてどうでもいい。」

 

 

その時はもう時間もなかったしそれはそれで納得したんだけど、

それからどうも引っかかってる。

この話しも1年位前(2014の夏)のことかな。

 

 

田中の言いたい事はまぁ分かる。

俺は子供がいないから全てを理解はできないけど。

要するに田中は子供が大事だったことだ。

良いことだと思う。

幸せに過ごしていって欲しいと思ってる。

 

でも、

世の中みんな田中みたいになったらって思ったら、

あまり良くない気がする。

 

他人なんて関係ない。どうでもいい。

自分が大事な人達が幸せならそれでいい。

 

それって見方を変えると、

まぁわざわざ危害を加えたり嫌がらせしたり犯罪を犯したりとかは無いにしても、

 

知らない内に他人を傷つけたり、

迷惑かけたりしても特に気にしない。

人の事をあまり考えない。

そんな場合もあるんじゃないのか?

 

 

誰かが傷つけられてても自分は関係ないから関わらないようにしよう。

他人だし関係ない。

でも同じように考えている他人が自分の大事な子供に何かしたら?

 

もしかしたら傷つけた相手も知らずにやってるかもしれない。

 

田中と同じように、

自分の子供が幸せなら他人なんか関係ない、

他人がいくら傷つこうが気にしないって犯罪者もいるかもしれない。

そう思ってるやつに自分の子供や嫁さんが被害を受けるかもしれない。

 

 

そうは思わないのか?

それはそれでしょうがないってなるのか?

無理だろ?

その加害者を恨んで憎むでしょ。

 

 

負の連鎖ってのがある。

怒り、憎しみ、妬み、怨念とか。

これって簡単に伝わるし広がるのも速い。

 

 

誰かに傷つけられたら誰かを傷つけたくなることあるんだよ。

やられたらやりかえすじゃなくて、

全然関係ない相手にうさばらしとかして傷つけたりする変なやついるんだよ。

マジで。

 

自分とは関係ないからって。

どうなろうが知ったこっちゃねーって。

 

 

田中のその考えじゃ幸せになれない確率だって上がってことになる。

他人が他人を傷つける連鎖が無くなることはないから。

自分のことしか考えないってことだから。

それでもいいってことだから。

善意よりも悪意のが増幅しやすい。

 

 

ダークサイドに堕ちるのは楽だから簡単。

 

 

負が連鎖するように、逆の力も連鎖する。

善、愛、暖かさ、優しさとか。

ゆっくりで伝わりにくいかもしれないけど。

気付きにくいことかもしれないけど。

 

人はみんな何かしらどっかで、何かで繋がっている。

 

 

今自分の会社があるのも取引先の会社で赤の他人ががんばって仕事してるから。

毎朝ちゃんと電車で出勤できるのも、

駅で赤の他人ががんばって仕事してくれているから。

 

 

家族で楽しく食事を食べられるのは、

その食材に心を込めて作ってくれている赤の他人がいるから。

 

その想いを運んでくれる赤の他人がいるから。

こんな便利な生活ができているのも過去の他人が色々作ってくれたら。

 

 

他人なんか関係ないじゃなくて、

そんな他人でも大事に想えることができたら

そんな想いが拡がればきっと子供も幸せになれると思う。

 

 

お前がいなくても、

困ったときは他人だろうが手を貸してくれる、

そうゆう人の想いを子供が感じれば、

きっと子供も人に手を貸す人になると思う。

 

そうやって人のために手を差し伸べられる人たちが増えていった方が

素敵じゃねーか?

 

 

別に誰が悪いとかじゃない。

みんなただ幸せになりたいって思ってるだけなんだし。

俺もそう。

 

 

ただお金が無くて必死になってたり。

日ごろの疲れやストレスが溜まっていたり。

病気を抱えていたり。

周り人の目が気になってたり。

とにかく急いでる。

とかってだけでね。

 

 

そういえばムーミン谷の妖精スナフキなんちゃらが言ってた。

「いつも優しく、愛想よくなんてやってられないよ。

理由は簡単。時間がないからね。」

 

これって結構そのとおりだと思うんだよね。

 

 

例えば、朝の出勤前とかって忙しいよね?

電車に乗り遅れるとか遅刻するとか。

人にぶつかってもそんなに気にしてられないし。

人を押しのけて進もうとしちゃうよね。

他人同士で電車で椅子取りゲームする位だしww

 

 

共働きの主婦なんかが忙しいのも同じで。

朝食作って洗濯して化粧して駅まで走って会社行って、

帰ってきて買い物行って掃除して料理作って風呂沸かして、

明日の準備やなんかして寝て起きて朝食作って化粧して・・・・

 

 

これも大変な理由は時間が無いからだよね。

1日24時間の限られた時間の中でやることが沢山あるから。

 

こんなんじゃ他人の心配したり気を使ってるヒマなんてある訳ない。

 

でもそんなんじゃ、

自分が他人にした嫌なことで

他人から自分や周りの大事な人に嫌なことが返ってくるかもしれないから

気をつけろよって話しで。

 

 

時間がないのはお金が無いからって部分がでかい。

大体の人は仕事に1番時間を使ってるから。

 

お金さえあれば、使える時間が増えるはず。

 

 

自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作れれば、

仕事に使う時間は減るし。

仕事時間が減らなくてもお金があれば家政婦さんとか雇えるし。

そしたら家事に使ってた時間は自由に使えるようになるんだし。

 

 

そんなの無理だろって最初から決め付けるんじゃなくて、

どうしたらそうすることができるかって少しは考えてみよう。

 

「みんな時間ないんだからしょうがない。」

とかじゃなくて。

そこは他人とは切り離して考えようよ。

 

どうしてお金持ちがいて貧乏人がいるのか?

お金持ちじゃなくても小金持ちでもいいですけど。

 

 

どうしたらもっとお金に余裕ができるのか?

どうしたらもっと自由な時間を作れるのかとか?

 

 

わからないなら勉強すればいいだけ。

学べばいい。

今ならネット使っていろんな事学べますから。

 

勉強したらお金ができる

結果、時間もできるってのは福沢諭吉も言ってます。

下の記事にちょろっと書いてあるんで読んでみて下さい。

http://basaki.net/365.html

(中盤らへんに書いてます。」

 

 

結局僕が言いたいことは、

自分と他人は無関係って訳じゃなくて

何かしらでみんな繋がってるんだから、

身近な人だろうが他人だろうが、

みんな優しく仲良くしていこうよってこと。

連鎖して自分に返ってくるんだから。

 

 

違う言い方をすると、最初に書いた感じと一緒。

 

イヤな思いはしたくないし大事な人にもしてほしくない。

悲しい思いもしたくないし悲しんでる人もみたくない。

悪い話しは見たくも聞きたくもないし、させたくないし、したくない。

 

それと、

学んで、稼いで、時間と心に余裕ができれば、

他人に目を向ける余裕もできるよってこと。

 

そうすれば自分や周りの大事な人が、

イヤな思いをしたりすることが減るかもしれない。

 

そのために少しは勉強しませんか?ってこと。

勉強して、まずは経済的に余裕を持ちましょう。

お金があればほとんどの事は解決できたりするんで。

 

 

みんなで暖かい世界にしていきませんか??

 

 

なんか結局はうさんくさい感じになっちゃいましたけど(笑)

ん~まぁ僕も結局自分のことしか考えてないただの自己中ですね・・・。

すいません。

みらいの暗黒面は、ただの自己中でした(笑)

ハイパー偽善者(笑)

 

お金のことやビジネス、副業のなどのことで

僕が力になれることががあれば力になります。

 

 

とりあえずサクッとネットで1万円を稼ぐためのレポートをまとめました。

無料でお配りしているので興味あれば登録してプレゼントを受け取って下さい。

期間限定です。1クリックで解除できます。

無料メルマガ登録をしてプレゼントを請求する

(登録後に送られてきたメールへ、プレゼントくれって返信して下さい。)

 

 

質問などあればコメントでもメールフォームからでもいいので連絡下さい。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

他の記事

8割のサラリーマンはの知らないうちに損をしている。

お金持ちになりたい人。けれどなれない理由。

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックしてくれたら嬉しいです(^^♪

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

1億稼ぐ無料コンテンツ続々!!合計定価11万円+αのとんでもない内容が無料って・・?

1億稼ぐ無料コンテンツ続々!!合計定価11万円+αのとんでもない内容が無料って・・?

みらいの仲間を募集中です(^^)

友だち追加

プロフィール

プロフィール

こんにちは みらい です。

日々の生活の経済的な悩みや人間関係、将来不安などでストレスを溜めるのはもうやめませんか?
今この瞬間から、あなたの人生はあなたの望むように変えられます。

僕は24歳の時に トリマー(犬の美容師さん) になろうと決意し、そこからお金を貯め学校に通い、ストレートにトリマーになった人達にはかなり遅れてですが、晴れてトリマーになることがでました。

ところが、重労働によりヘルニアになってしまい、トリマー人生はわずか半年で終了。

トリマー時代のあまりの給料の安さに耐えられずに副業を探していた時にインターネットでビジネスが出来るとゆうことを知り実践。

仕事の後にちょろっとやっただけで初月から2万円の利益発生。
その後も休日にちょろちょろっとやったら50万円以上の収益が・・・詳しいプロフィールはここをクリック

メッセージ質問等ありましたら、なんでも構いません、お気軽にサイト上の「メールフォーム」より送って下さい。

 運営者情報 

アーカイブ