大手企業に就職するだけでは残念ですが”安定”や”幸せ”は得られません。

 

どうもみらいです。

つい最近こんなニュースがありました。

「私は三菱につぶされました」25歳社員が自殺 両親が三菱電機を提訴

 

去年の11月に新入社員の25歳の男性が、

勤めていた三菱電機の社宅で自殺をしたという記事。

詳細はこちら。

 

こういった記事ってなんかちょくちょく出てきてなくならない。

とても悲しい話しです。

 

全てが会社のせいとか、

同僚や上司のせいって訳ではないと思う。

 

 

小さい時からの生活の中で

そもそも小さい時から良い学校に入って良い会社に入る事が良い事、

って周りの大人達に言われ続け、

違う意見や生き方をしようとしたら止められ注意され白い目で見られる。

 

良い会社に就職することが目標って教えられて育つんだけど、

良い会社に入ってからの事は何も教えてくれない。

ただ、汗水流してがんばって耐えて出世しなさい。

それだけ。

 

出世する方法は?

そりゃがんばるんだよ。

上司のご機嫌とって良い結果を出す。

そんなことしか教えて貰えない。

 

当然僕もそんな感じの事しか知らずに育った。

 

さらに、

「失敗は成功の素だ。」

「何度失敗しても良いんだよ。またチャレンジしよう。」

なんて言われたりするけど、

実際には全然そんな言葉が浸透していない。

 

 

学校の中で何かを失敗したりすると友達や同級生にバカにされるし、

しまいにゃ教師が率先してバカにしクラスの笑いものにして傷つけようとする人もいる。

こういう人は完全に教育者として失格だ。

 

まぁやりたくもないけど滑り止めで教員免許だけとっといたって人も多くいて、

実際に滑りまくって教師になりましたみたいな人も実際にいる訳だ。

失敗の連続で傷つき劣等感を抱えまくったような人が教師をするなんて本来無理な話しだ。

 

その人だってやりたくてやってるんじゃないわって思ってるだろうし。

ただでさえ教師って大変な仕事なんだろうし。

 

全ての人がそうだとは思わないけど。

そういう人もいるよねって話し。

 

 

悪い風習

教師や友達が失敗をバカにしたり笑ったりするもんだから、

失敗=ダメな事

として捉えるようになり、

失敗しないようにとどんどん自分の主張や行動が縮小していってしまう。

 

授業で教科書を読むのにすら極度に緊張し、

自分は走るのが遅いからと走る事を嫌いになってしまう。

 

本来は走る楽しさは足が速いってこととは関係ない。

足が遅くても走るのが楽しいと感じることはできる。

好きになる人もいれば嫌いになる人もいる。

早いから好きになれたって場合もあるけど。

 

運動会などの徒競走とかで順位を決める事は良い面と悪い面があるだろう。

最近は全員横一列に並んでゴールのテープを切るっていう学校もあるらしい。

 

え?どゆこと?ってなる人のためにもう少し説明すると、

位置についてよーいどんでみんな一斉に走り出す。

 

これは今までと一緒で、

 

足の速い子、足の遅い子で次第に差がでる。

 

今までなら足の速い子がそのままゴールのテープを1人で切るのだが、

 

このパターンでは足の速い子はゴールの手前でみんなを待つらしい。

 

んで、遅れてきたみんなが揃ったら、

みんなでゴールするって徒競走らしい。

 

へーなるほどと思うけど、

これはこれで良い面と悪い面が出てくる。

 

みんなで仲良しこよしでいきましょうは一見良さげだけど、

個々の能力が伸びにくい。

 

みんなに合わせなければいけないし、みんなと一緒が良いって思考になる。

あとみんなと同じでなければいけないっていう風に考えてしまったりとか。

 

全てが平均的になってしまうと面白くもないし、

能力に秀でたものが出てこなくなる。

 

結局そのうち困るのはその子供らになる。

 

 

なんやかんやで結局競争させられる。

そうやって育てられた末に就職戦争がある。

(意味ないしやめた方がいいと思うど。)

 

あの手この手を駆使し、

いかに他の人よりも自分が勝っているかを考えなければならない。

 

就活用のテンプレにあてはめて本来の自分ではない自分を見事に演出し、

他人を蹴落とし自分が勝ち組にならないといけない。

(みんなテンプレにはめるからみんな一緒で何も差別化できてないっていうw

一日に何十人も見る面接官はみんな同じに見えて正直誰も覚えていないらしい。

なので、なんとかして印象に残ってもらう必要があるよね。)

 

 

人によっては勝ち組に入れなければ人生が終わりと

変な洗脳をされている子すらいる。

かわいそうに。

 

希望の就職先に就職できないショックから引きこもってしまい、

そんな自分を責め、人に会うのも嫌になり、うつになって精神をやられるなんて話しも聞く。

変な方向に行くと犯罪者になってしまったりとか。

そうやって本当に人生をダメにしてしまう人もいるらしい。

たまにニュースとかで見るけど。

 

そんな中真面目に学業や就職活動をがんばって親の期待に応える人もいる。

大手企業、公務員とか。

 

今回の自殺した子は三菱電機に就職したらしい。

親も祖父母もみんな喜んだそうだ。

 

しかし、

入ってみたらどうだったか。

 

 

理想と現実は違う

夢や希望、期待を抱いていたのにわずか8ヵ月でこんな悲しい結末に。

 

たった8ヵ月。

その短い期間の間に、人生で最高の嬉しさを感じて生活していた子が、

その喜びもすぐに吹き飛ばされ、

親や友達の笑顔や感謝の気持ちも忘れ、

自分で物事を選択するという事ができなくなるほど精神を病み、

自殺という道しかないと思い込ませるほど追い詰めてしまった。

 

特定の何かや誰かがただ悪いのではない。

もちろんいじめる人間や傷つけた人間は悪い事は悪い。

そうじゃなくて、

こうなるような道も用意してしまっている社会の仕組みや風潮に問題がある。

それと教育。

 

僕は根本的に改善すべきは教育だと思っている。

今回のこの子も、用はスキルのレベルが低いのがほったんとなっていると思う。

がんばって勉強などもしていたみたいだけど、

周りの人はあまり認めてはくれなかったみたい。

 

これ最初の方で話した学校の時の話しと同じで、

できない人や失敗した人をバカにする傾向があるのが問題。

自分より劣る人と思った人は攻撃しやすいしいじめの対象になりやすい。

ささいな事でもきっかけになりうる。

 

彼は仕事ができる方の人ではなかったようなので、

周りの人はいじりやすかったんだと思う。

 

一度、”こいつは仕事ができない”のレッテルを貼られてしまうと、

それを剥がすのにはちょっとの努力では難しい。

 

周りの人を助けるような仕事とか、

驚くような仕事の結果とかを出さないと中々そのレッテルを剥がしてくれない。

 

 

心情

彼自身も早い段階でこの職場は良い環境ではないと気付いてはいたと思う。

その時にさっさと転職してしまう、もしくは退職してしまえばよかったのだけど、

苦労の末に折角入った大手企業だったし。

 

大手企業は安心安定という神話は生きていただろうし、

日本には”とりあえず3年”という言葉もある。

(これにはちょっと疑問を持っている。

意識した方が良い場合もあるし、しない方が良い場合もある。

彼の場合は意識しない方がよかったと思う。

ゴールが定まっていない場合は時間を無駄にする場合がある。)

 

 

”一貫性の原理”という心理学用語もあるように、

人は一度取り組んだものや行動、言語、信念などを一貫したものとしたいと思ったりもする。

親もあんなに喜んでくれたし悲しませたくないという想いを抱きつつ。

 

自分が決めた(誘導されているけど)ことなんだから、

ここに就職したのは自分の判断が間違いだったってのを認めることになる、

でもそれはイヤだからもう少し頑張ってみようって思考が働いたりもする。

(無意識の場合もある)

それにすぐに辞めたらダメな奴、失敗した奴って思われるし。

 

そうこうしているうちに気付かぬうちに引き戻れない位精神にダメージを負ってしまい結末がこれと。

 

 

サラリーマンの仕事中の一番の悩みは「人間関係」になっている位だから、

職場の人間関係は我慢すれば良いってものではない。

身を引くのも賢い選択の1つ。

その職場の人を変えようと思ってもドラマみたいに人は簡単に変わらない。

変わるような出来事もそんなに起こらない。

 

だから逃げるのも立派な選択の1つであるし、

勇気ある行動の1つでもある。

僕も言ったことあるけど、

「会社辞めます。」

ってのは中々言いづらいからね(ー ー;)

 

 

世の中はちょっとやそっとじゃ変わらない

こういったニュースが少し前にもあったし、

問題にもなったりしていたけど、

結局はほとんどなにも変わらない。

 

結局みんなより良い大手に就職したがるし、

そうじゃなきゃいけないと思い込んでる。

 

世間もそれが1番良いと言う。

 

これから先の未来を考えている人や、

少しずつ世の中の流れが変わってきているなと感じている人は、

少しずつ増えてきてはいると思うけどまだまだ全体的には少数。

 

みんな、”みんなと同じが好き”

もしくは、”みんなと同じじゃないと不安”

とかだから、

少数派の意見は聞かず、多数の意見を採用する。

という事は、結局何も変わらないということ。

 

政府もそれを望んでいるから大きくは変えようとはしない。

操作できなくなるし、自分らにとって都合が悪くなるから。

実は、僕らみんなが頭よくなってしまうと政治家達は困ってしまう。

これはどの国も昔からそう。

 

 

大衆を操作するために、

あらゆるメディアなどを使って洗脳し、

大衆にあまり考えさせないようにしている。

 

大衆が物事を考えて頭が良くなってしまうと、

支配できなくなるし、自分達が甘い汁を吸うのが難しくなってしまうからである。

なので、色んな娯楽やスポーツとかに目や意識を向けるようにしてきた訳。

 

でもネットの発達と普及によってそれが難しくなってしまった。

これは先進国の1つの重要なポジションにいた人が言っていた言葉なんだけど、

 

「昔は情報を操作して1000万人を操作するのは簡単だった。

けど、今は1000万人を操作するよりも、殺す方が簡単だ。」

 

ぶっちゃけどこの国のどういう人かは忘れました(; ・`д・´)

アメリカだったかイギリスだったかどこだったか・・・。

でも結構衝撃的な話しですよね。

 

まぁそんな感じで国に頼ってもダメってことです。

 

 

先の事ばかり考えるなー。

大手に勤めても幸せになれるとは限らないし、

大体の人はその仕事の大変さに苦労し、

仕事だけの人生を送るそうです。

 

20代で就職して約40年が仕事漬け。

 

・・・

・・・

考えただけでも怖くなってきます(;゚Д゚)

 

 

自分の本当にやりたいこととかは定年退職後。

それまでは仕事一筋。精進します。

 

正直、それまで確実に生きていられると決めつけている所に疑問を感じます。

それまで自分が生きているってことに疑いがないのかなと。

 

 

ファイナンシャルプランナーでしたっけ?

詳しくは知らないんだけど、

正直あれで30年40年50年とかの先に計画を立てた所で意味ないがない。

 

そもそもどうしてそんな先の未来が予測できるのか不思議。

だって、自分の今の会社がずっと倒産せず、

倒産の危機にも直面せず、右肩上がりに業績が伸び、

結果自分の給料も上がり、退職金ももらえて老後はのんびり余生を楽しむ。

そうやって考える訳ですよね?

多分ですけど。

 

でもそんなこと決まってませんよね?

都合良く考えてませんか?

悪い予測もしっかりと立てられていますかね?

ポジティブすぎて楽観的すぎると思いませんか?

 

ファイナンシャルプランナーはサービス業ですから、

あまり絶望的な事って言ってこないと思うんですよ。

 

例えば、

「あなたの企業はこういう職種なので、

これから先はITや機械化のあおりを受けてリストラ、倒産の可能性があるかもしれませんね。」

 

「その時には他の職種も当然同じような影響を受けていますから、

転職なども難しいかもしれません。

当然失業者も増えていますし、特殊なスキルがない方はできる仕事も限られているわけで。」

 

「特殊なスキルをお持ちでない方の方が多いので、

そういう方が就ける仕事というのは当然集中して人が集まるので…」

 

「それにそういった特殊なスキルが必要のないものは

機械化されたりグローバル化されたりするのでより困難かと思われます。」

 

「なのでお客様の場合は、今の内から特殊なスキルを学んで身につけて頂くか、

もしこのまま今の仕事をお続けになられる場合は、

マイホームもローンで買う事は慎重すぎる位慎重に考えて頂いて、

場合によっては購入しないという選択も検討して下さい。

何かあっても身動きがとれなくなる場合がございます。

それと車などの支出になるものは早いうちに手放した方がいいかと思います。」

 

「生活水準も下げれるものは今の内に下げて馴れておいた方がいいかと思いますし、

今後の夢というのも変える必要があるかもしれませんね。」

 

「さて、どういったプランにしていきましょうか?」

 

 

なんてこと言ってくる訳ありませんよねww

占い師でもそこまでの事は言わないように訓練されているらしいですから。

ここまで言いにくい事をちゃんと言ってくれる人なら、

その人は真剣に相手の事を考えてくれているのかもしれないけど(^^;

 

10年後なんてどうなっているか誰も分からない

そもそも30、40年先はおろか、

10年後どうなっているかなんて想像できますか?

今と何も変わらない生活をしていると思いますか?

 

ネットが出てきて何年位経ったか。

アイフォンが出て何年経ったか覚えていますか?

 

たかだか10年20年ですよ。

色んな事が変わったと思いません?

 
  • 誰もがスマホを持つようになった。
  • 電車の中で新聞を読む人はほとんどいなくなった。
  • 切符を買う人も少ない。
  • 現金を持たない人も増えてきた。
  • CGなんかも出てきてさらにVRとかもあるし。
  • 人が飛行機以外でほぼ生身でも空も飛べるようになったし。
  • SNSなんかで動物の可愛さを発見できたり再認識できたり。
  • SNSきっかけでクーデターが起きて政権交代したりとか、
  • 衰退していく企業もあれば以上に伸びている企業なんかもある。
  • 知りたくもない事実を知ってしまったり。
  • ネットが無ければ確実に知るよしもないような事を知れたり。
  • グーグルストリートビューだっけかな?衛星画像も見れて、ホワイトハウスの中や世界遺産の中の映像が自宅で見れたりとか。
  • 災害なんかもあるし今の場所に住んでいるかどうかもわからない。
  • ビットコインを買う人が出てきた。
ほんと色んな変化が起きてます。

 

 

それがこれからもっと早い速度で変化していくって言われているのに、

何十年先の事なんてわかる訳ないです。

予測できないはずです。普通に生活している人には。

 

 

ITが発達した先の事は専門家だって予測できないし。

2028年には火星に人を連れていくって話しもあるし、

2030年ごろに地球はミニ氷河期に襲われるって話しもあるし。

(あ、温暖化って騒いでますけど、

地球規模の話しでは、今は地球は寒冷期に向かっています。)

 

遠い未来の事を計画しても意味がない。

 

 

今にフォーカスしろ。

だったら今にもっと集中して、

短期の目標とかを楽しんでがんばった方がいいと思うわけ。

 

その方が人生楽しめるし、いつ終わっても後悔が少ないと思う。

別に今が良ければ全てよしってわけではないけれど

後先考えずに何でも好きな事やれっって訳ではない。

 

でも、遠い先の歳とって体も衰えていった先の事を考えて胸を躍らせるのではなくて、

近い将来や今大事な事にもっと意識を向けて行動していった方がいいって感じてる。

 

いつ自殺に追い込まれるか分からないし、

いつ事故や病気があるかもわからない。

 

悔みながら今生が終わるってイヤじゃないですか?

俺はまだ何もしていないって終わってくのっていやじゃないですか?

 

少しでも、あれもやったしこれもやったし、

まぁいっかって終われる方がいいと思いません?

 

 

僕はそうしていきたいと思ってる。

天職を見つけてそれに全うする人生も素晴らしいとは思う。

僕だって、

【この仕事をするために自分は生まれてきたんだ】

って思えればその仕事に命をかけるであろう。

けど、そこまで感じた事はまだない。

 

だから、僕はまだまだ色んなやりたい事や経験したことがあるし、行きたい場所とかも沢山ある。

 

老後にゆっくりなんて待てないし、

そこまで生きていられる保証もない。

それに体が元気で動けるうちにやりたいって気持ちもある。

 

ヨボヨボになってからだとできることにも制限があるから、

若い(若いといってももう中年)うちにしかできない事はしておきたい。

 

中年だけど、人生まだまだこれからだぜ(*・ω・)ノ

 

 

人はいつでも成長できる

僕はそのために就職するのをやめ、自分で稼ぐって道を選んだ。

現代の技術がそれを可能にしてくれた。

正直もっと昔に生まれていたらかなりのただのダメ人間だったと思う。

社会不適合者。

 

良い時代に生まれた。

今だからこそ物凄い努力とかをしないでも自分で収入を得ることができる。

 

 

ビジネスの事なんて最初は全く何も分からなかったけど、

学びながら少しずつ少しずつ歩んでいく内に成果は出てくる。

 

誰でも1歩の積み重ねで、

どれだけ多く積み重ねたかで差が出る。

 

1日のうちほんとちょっとでいい。

ほんとちょっとでいいから何かを調べてみるとか。

何かで学んでみるとか。

 

いつもと違うものを選んでみるとか。

いつもと違う行動をしてみるとか。

 

そういったことをしてみる。

 

そうすると、

それは昨日とは違う自分になれたってことなのかもしれない。

昨日よりも少し成長できた新しい自分になれたのかもしれない。

 

例えばそうやって意識して1ヵ月過ごしてみると、

全くの別人になっているかもしれない。

 

○○について何も知らなかった自分が、

1ヵ月後○○についてめちゃくちゃ詳しくなっている。

 

実はそれってもう別人なわけ。

 

そんな感じで、

1日1日を少し意識して過ごしていると、

色んな可能性が広がって、

色んな選択肢も増えて、

色んな体験をしたりしてまた成長して、

どんどんどんどんより良い人生になっていくんじゃないかなと、

そんな風に思ったりしている訳です。

 

 

例えば、そうやってビジネスを学んでいけば、

大手に就職とかしなくても、

自分で価値を提供して対価を得ることもでき、

かつ時間の拘束なんかもされることもない生活ができたりもできる場合がある。

 

会社の拘束時間などが無くなれば、好きな時に好きな場所にいけるし、

職場の人間関係なども気にする必要もなくなるわけ。

 

嫌いな人とは仕事しなきゃいいだけだし。

それも自分で選べるようになる。

 

そういう人生を目指す方が、

結果的に幸せになれるとは思うんだけどな。

 

もちろん経済的に安定して稼げるようになれば家族も持てるし。

 

 

もし、現状がつらいと思うような現状であるならば、

どうしたら楽になるかを考えて実行すればいい。

 

人生を変えたいと思っている人とか自分を変えたいと思っている人とかも同じ。

 

ただ漠然と考えて、流れてきた事象に流されているだけでは結局なにも変わらないだろうから

具体的に何か行動する事が大事になるわけだけど、

何をするかを選んで実際に行動していくのは自分。

 

周りの人に自分の気持ちなんて理解されない訳だし。

 

まぁでも結局やったもん勝ちだ。

 

 

あ、楽になるって、自殺すればいいとかじゃないので勘違いしないように。

一般常識の枠から飛び出しちゃえばいいのにって意味かな(^^;

 

 

それではちょっと長くなってしまいましたが、

読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

ストレスを感じてる人は大チャンス!?ストレス発散や解消を検索する前に誰もが知っておきたいこと。

あなたもできる影分身の術!?自分の代わりに365日休まずに仕事をしてくれる奴!!

 

 



 

 

つぶやいてくれたり、シェアして頂けると嬉しいです(^^♪

それと、ブログランキングに参加しています。

良ければ応援ポチお願い致します。

 

 

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 12.30

    2017 締め

  1. こんにちは。

    枠にハマっていれば楽なのかもしれませんが、つまらないですよね。

    私も一度きりの人生なんですから、好きな仕事をして自由に生きていきたいですね!!
    もっともっと、色んな経験をして勉強して自由を手に入れたい。

      • みらい
      • 2017年 10月9日

      さわださんコメントありがとうございます。
      大手のが安心で安定はするかもしれないけど、別に保証はされていないので、大手に入ればもう大丈夫と勘違いしている人はちょっと心配があるかなと思いました。

      何かあった時に対処できる知識はあった方がいいですしね。
      倒産やリストラ以外にも、事故や病気、災害もありますし。

      まぁ知識がついたら、やっぱり自由になりたいって思う人のが多いとは思いますけどね。
      結果、脱サラするっていう(^^;)

      ぼくらも諦めずに自由になりましょう(^ ^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネスを学ぶのに1番役にたったもの!

ビジネスを学ぶのに1番役にたったもの!

プロフィール

プロフィール

初めまして。みらいです。
日々の生活の経済的な悩みや人間関係、将来不安などでストレスを溜めるのはもうやめませんか?
今この瞬間から、あなたの人生はあなたの望むように変えられます。

僕は24歳の時に トリマー(犬の美容師さん) になろうと決意し、そこからお金を貯め学校に通い、ストレートにトリマーになった人達にはかなり遅れてですが、晴れてトリマーになることがでました。

ところが、重労働によりヘルニアになってしまい、トリマー人生はわずか半年で終了。

トリマー時代のあまりの給料の安さに耐えられずに副業を探していた時にインターネットでビジネスが出来るとゆうことを知り実践。

仕事の後にちょろっとやっただけで初月から2万円の利益発生。
その後も手探りでやった結果、休日にちょろちょろっとやったら累計で50万円以上の収益が・・・詳しいプロフィールはここをクリック

メッセージ質問等ありましたら、なんでも構いません、お気軽にサイト上の「メールフォーム」より送って下さい。

 運営者情報 

カテゴリー

アーカイブ