30年以上続く企業は○○%

 

あなたのいる今の会社は、一体どれくらいの寿命か知っていますか?

あなたが転職しようとしている会社は、倒産の可能性はありませんか?

 

今回は企業の寿命についてお話しを。

 

 

この記事を読んでおくとこのまま今の会社にいてもいいのか?

それとも転職するべきなのか?

転職先は倒産の危険がないのか?

 

それと将来設計のお役にも立つかもしれません。

是非、一読しておくことをおすすめします。

 

 

企業生存率

 

企業生存率というものを聞いたことがあるでしょうか?

意味は文字通りの企業の生存率を数字で表します。

 

この企業生存率なのですが、

中小企業の場合は設立後、

 

1年後の生存率は40%

5年後の生存率は15%

10年以上ではわずか6%

20年で 1 %を切り、0.3 %

 

 

そして、30年以上生存する奇跡の企業は

なんと・・・

 

0.02 %

 

 

なぬ”!? (;゚Д゚)””

 

 

例えば、100社のうちほぼ全ての企業が30年以上残らない

ということです。

 

 

 

本当に0.02%?

 

 

検索するとすぐこの事が書いてある記事が沢山でてくるのですが、

ちょっといくらなんでもこの数値は本当か??

と思ったのでもうちょっと調べてみました。

 

すると、他にも同じように思って調べてる人がいました。

その人の独自の調べによると企業生存率は設立後

 

5年で80%

10年で70%

20年で50%

 

30年までは書いてませんでしたが、

この数字を見ている限り0.02%という事はないかと思います。

20%とか半分の25%とかになるかと。

この数字は独自に調べて出た数字だそうです。

 

 

 

また、他の人のブログには違う数字が載っています。

 

設立1年後の生存率:98%

設立5年後の生存率:80%

設立10年後の生存率:60%

設立20年後の生存率:30%

設立30年後の生存率:15%

 

この数字は行政書士をしている人が、

自分の仕事を通して、自分の感覚的に出した数字のようです。

ちなみにペーパーカンパニーや個人事業主などは抜きにしての感覚らしいです。

 

 

もう1つ、

日経新聞や国税庁、自社調べなどの数字を並べて調べた人がいました。

その数字はというと、

企業の5年後の生存率はそれぞれ

日経:15%

国税庁:15%

自社:20%

 

企業10年後の生存率

日経:4%

国税庁:6.3%

自社:5%

 

だそうです。

こちらの数字はよくある生存率が30年で0.02%のものと近いです。

 

 

 

こうしてみるとかなり数値に違いがある。

ちなみにサービス業なんかはまた違うらしいです。

 

 

ネットが普及してきてコピペで簡単に記事を量産できるようになってから同じ数字のものが一気に広まったと思われます。

 

30年で0.02%の数字がたまたま広まったのか。

はたまた、

BtoBで取引を行っている企業にとってはこういった数字は悪い方が有利だから、

この数字を押す人が増えていった結果この数字が広まっていったのか。

 

「生存率が悪いから何か対策をとっておきましょう。」

とサービスをおススメしやすいですからね。

 

 

本当の数字は結局は分からないけど僕の感覚的なものでは数値が高い方が正しいのでは?

と思っています。

1年後の生存率が40%というのはなんかしっくりきません。

 

 

 

生涯雇用はもう難しい時代になっている。

 

生涯雇用なんてのものが未だにまだあると思っている人ももう多くはいないと思います。

 

企業生存率を、

・5年で80%

・10年で70%

・20年で50%

の場合で考えた時。

 

22歳で大学を出て、定年65歳なら会社で働く期間は43年です。

ちょっと考えただけでも企業生存率はかなり低いんだなと予想できます。

 

しかも就職先の会社が設立10年目だとすると、

生存率70%の会社でそこから43年働かなければならない。

 

 

それから10年生き残ったとしてもあと33年も残っています。

設立後20年の会社なら、生存率50%の会社でそこから43年働かなければならない。

 

 

生涯を1つの会社で過ごすのはほぼ無理があるように思えます(-_-;)

まぁ全ての会社が企業生存率の数字に当てはまる訳ではありませんが、

今は時代の流れも速いので不安になる事は確かです。

場合によっては入社して数年で倒産する可能性も低くない。

 

 

今や大手上場企業でもどうなるか分からない時代です。

安全だと思われた大手企業の良くないニュースももう珍しくはありません。

大量のリストラなども行われています。

 

 

当然ですが、最初に出した数字。

 

1年後の生存率は40%

5年後の生存率は15%

10年以上ではわずか6%

20年で 1 %を切り、0.3 %

 

こっちの数字が正しかった場合はもっともっと厳しいことになることはわかりますよね(^^;)

 

 

 

倒産する会社が増えた原因は情報革命。

 

インターネットが出てきたことにより【情報革命】が起こりました。

世界中のあらゆる情報が素早く色んな場所に届くことになった事によりいたるところで物凄い変化が起きています。

 

消費者の興味の移り変わりが激しくなり、

それに対応するため企業は素早い対応や変化が求められています。

事業の寿命は短くなり、対応できない会社、体力の無い会社は倒産に追い込まれます。

 

 

情報革命が起きてからは事業の寿命は3~7年って言われてます。

さらに今では1~3年という話しもあります。

ドッグイヤー、マウスイヤーってやつですね。

 

なので今までは会社に入って10年とかかけて新入社員を教育したりしていましたが、

今は教育が完了するまでその事業が持たないといったケースが増えています。

 

長い時間を掛けて出世をしていく人生が当たり前だった時代はもう終わりを迎えています。

会社自体がもたないかもしれない。

これから企業生存率はさらに短くなっていくでしょう。

 

 

それから機械化やIT化、あとグローバル化が物凄い速さで進んでいます。

会社が生存し続けたとしてもリストラなどのリスクはさらに高まっていきます。

 

 

日本だけで見た場合は人口が減ってきていますが世界的にみると人口はどんどん増えています。

人口が増えると生産性なんかも向上していくので当然経済的にも成長していきます。

 

特にアジアなんかはどんどん成長してきています。

もうすぐインドが中国の人口よりも多くなって世界一になると予測されています。

あと10年とかで15億人とか16億人とかになるようです。

(間違えていたらすいません。)

 

 

アジアの中では今はまだ日本は先進国ですから、

日本に出稼ぎにくる外国人もいっぱいいてこれからさらに増えるわけです。

 

日本人よりも安い賃金で働いてくれますし、

わざわざ他国から出稼ぎにきているわけですからバリバリ働いてくれます。

 

 

働き手が今後少なくなる日本にとってはありがたい部分もありますが、

単純作業や誰でもできるようなものは海外の人に仕事を奪われる危険も高まります。

都内のコンビニや飲食店などでは日本人以外の人ももう珍しくありません。

 

 

出稼ぎにきている人以外にも、

嬉しい事に日本の文化などに好意を持ち、

日本を好きになってくれた外国人の人も日本で働きにきたりもしています。

 

日本人の手、または人間の手。

これらが不要になっていく状況というのは僕らではもうどうしようもありません。

 

 

 

リアルにいつクビになってもおかしくない。

当然ですが、倒産よりもリストラの可能性の方が高いです。

 

20代のうちにリストラにあうのであればまだいいかもしれない。

けど、20年間毎日がんばって働いて幸せな家庭もでき、

昔より体力も大分落ちてきてるなと感じてる40代や50代。

 

このまま定年までは大丈夫だろうと思っていた時にいきなり倒産。

もしくはリストラ。

 

考えたくはだろうけどそうなってしまうと本当に厳しいと思います。

でもこれはあり得ない話しではないし実際に起こっている話しです(-_-;)

 

 

リストラや倒産で仕事が無くなってしまっても

知識や技術、経験等を活かせて再就職できればいいけど、

それでもやっぱり年齢が高くなるほど再就職は厳しいと聞きます。

 

暫くは頭が真っ白になり思考停止してしまっても無理はない。

公園で1日中ぼーっとする人がいるのもうなずけます。

 

 

最悪の場合、

人生を終わらせて楽になりたいと思ってしまう人も出てきてもおかしくありません。

さっきも言いましたが、これは現実にある話しです。

僕の知り合いでも実際に自ら命を断つ人がいました。

 

 

自殺とは別の話しになりますが、

久しぶりに地元の道端でたまたまあった仲の良かった友達がいました。

 

しかし会話していた約15分間の間に彼の笑顔は1つもなく、

「仕事がつらい。」

ただそう言っていました。

 

 

それからしばらくして彼は行方不明となりました。

 

悲しい事に未だに消息は不明。

彼の家族や彼の会社の人間、その他色んな場所の彼の友人。

誰も行方は分からなかったです。

 

 

彼らがどんな想いでいたのかは分からないけどこんなのはほんと悲しいです。

こういう想いをする人が少なくなればいいなと本気で思います。

 

 

準備なき起業は危険だよ!!

 

もしリストラや倒産をした場合気を付けてほしいのは、

再就職が厳しいなら自分で開業しようと思い、

準備もろくにせずにいきなり開業してしまうこと。

 

 

長年サラリーマンをやっていてそれなりに成績も優秀で結果をだしてきた人とかは、

自分で会社を立ち上げても上手くいくと思ってしまうかもしれませんが失敗することも少なくないです。

 

 

なぜなら、

”社長として自分で会社を経営をする’

場合と、

“会社に雇われて与えられた仕事をこなしてきた労働者’

とでは仕事の内容が全く別物だから。

 

普段から考えていることや考えなければならないことが違います。

 

 

自分で起業する場合は、

”サラリーマンとしての今までの経験”

とは別の、

”起業して成功するための知識やマインド”

も身に着けておかないといけません。

 

だからしっかりと準備や勉強もせずに、

見切り発車で起業しちゃう人とかは失敗することが多い。

 

 

社内でエリートって言われていた人ほど、

なんとなく自分でもできると勘違いをしてしまう人が多いのでこのパターンは注意が必要です。

 

「自分が仕事ができていたのは会社の看板のおかげだった!?」

なんて話しもよく聞きます。

 

 

それと、

いきなり今までと違う業種で起業する人がいたりもするけどその場合はもっと危険です。

 

 

例えばずっと事務の仕事をしてた人が、

「俺、実は前からラーメン屋やってみたかったんだよね。」

とか、

「小さな居酒屋やってみたかったんだよね。これを期にやってみようかな?」

とか、

たま~に聞いたりするのですがこれはおススメしません。

 

 

同じ業種で起業する場合は今までの経験である程度の知識などが身についていて、

ひょいひょいって成功する場合もあるかもしれないけど、

異なる業種での起業は知識も経験もないので失敗する可能性が高いです。

そういう場合は事前にしっかりと勉強して準備をする必要があるのでお気をつけを。

 

 

もし起業や独立に興味があるならこっちに関連記事があるので読んでみて下さい。

 

 

 

再就職する場合も安心はできない。

 

これから先は単純作業や一般的な事務仕事などをやっていた人は次の仕事を探すのが困難になります。

なぜならそれは ”誰にでもできる仕事” だから。

言い方は悪いですが、代わりのいる仕事というわけです。

 

ちなみにそれは別に日本人じゃなくてもいい。

安い給料でバリバリ働く出稼ぎに来ている海外の人でも良いと。

 

さらに、

これからはそうゆう仕事はIT化や機械化などもされるので、

特にリストラされやすいだろうし再就職ももっと難しくなります。

アルバイトでしか雇ってもらえない場合もあります。

 

 

収入源が今の会社1つ。

しかも就職する以外にお金の稼ぎ方を知らないとなると、

正社員で雇ってもらえないとか自分にできる仕事がなくなるといった事も増えていきます。

 

 

が、

僕らはみんな同じような教育を受けてきているので収入源が会社1つというのはごくごく普通の事です。

むしろそれが当たり前と教わってきているはずです。

僕ももちろんそうでした。

 

しかし、

IT化や機械化はまだあまり実感が沸かないかもしれませんがもうそんなに遠くない話しになってきています。

Amazon GOというレジが不要のお店なんてものも現れました。

 

 

今後数年後や10年後とかには結構色んな事が変わってるはずです。

携帯やインターネットが出てきて世の中が大きく変わったように、

これから先もどんどん世の中の常識や当たり前といわれる事が変わっていきます。

 

「なんかもうこの先不安や絶望しかないじゃないか…。」

と思うかも知れませんがそんなことはありません。

 

 

 

未来に希望を抱くのか絶望を感じるのかは自分次第。

 

 

時代は流れてその都度いろいろなことが変化していますが、

僕ら人間はそれに対応する能力もちゃんと備わっています。

故に、地球は人類が破壊するといわれる位まで繁栄できてきた訳ですw

 

 

嫌で受け入れにくい変化が起きても個人の力では時代の流れを止める事はできません。

 

時代の流れに逆行するように過去に固執するのではなく、

どんな未来が来るのかを少し考えてみて予測し、

どんな未来が来てもいいように今のうちからしっかりと準備をしておけば

時代の変化にも対応できて危険や不安な事もなく安全に過ごしていけるはずです。

 

過去ではなく未来に目を向ける。

 

 

「パソコンなんてものが出てきたけど俺は使いたくねー。」

 

なんて言っている人が昔はよくいたと思います。

それが今ではもうほとんどいませんよね?

 

 

まぁ使えない人や苦手な人はまだいるとは思いますが、

とりあえず一般的にはネット・パソコンなんてもう当たり前な訳です。

今の若い人には無くてはならない当たり前にあるものとして存在しています。

 

スマホとかだってそうだしクレジットカードとかSuicaとかもそう。

 

もっと言うと、洗濯機なんかじゃしっかりと洗えないと言われていたし、

インスタント食品とかも美味しくない、体に悪いと言われていました。

(まぁこれは事実だけど。)

 

 

でも今では洗濯機を使わずに手洗いをしている人なんてほぼいないだろうし、

インスタント食品や冷凍食品なんかも当たり前のようにみんな食べています。

 

 

最初は不安で信用できないものとかでも少しずつ浸透していってそのうち当たり前になっていく。

 

それに豊かさとか幸せとかはとりあえずおいといて、

暮らし的にはどんどん便利な世の中になってきているのは事実です。

機械化などもされ徐々にIT化などもされてきていますけど便利なものはどんどん増えています。

貧困率とかもどんどん下がってきています。

 

 

多くの企業やそこで汗水流して働いている人達のおかげで、

ありがたいことに生活に役立つものっていっぱいできました。

 

感謝してもしきれない位の恩恵を受けて僕は育ってきたんだなと感じます。

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

って考えるとそんなに怖いことでもないのではないかと思いませんか(^^;?

悪い事ばかりではなくて良い事もたくさんある。

それに新しい職業も生まれる。

 

 

まぁけど今後も倒産やリストラとかは怖いし心配は無くならないと思います。

 

ただ、僕は幸せを願って普通に暮らしている人達が不幸になっていくのは見たくありません。

その周りにいる人も不幸になってしまいます。

 

倒産やリストラがあってもすぐに対処できるように今の内から準備しておいた方が良いなと思います。

 

 

 

転職しても結局は何も変わらない

 

リストラ、倒産とか他にもケガや病気になってしまって困る前に何かしらの準備しておく事

をおすすめしていますが、転職はあまりおすすめしません。

 

どうしてもその職業が良いっていう場合はその仕事をしたら良いと思います。

それはもちろんあなたの自由です。

 

しかし本当にそれでいいのかは今一度考えて欲しいと思います。

 

 

だって転職しても結局今の悩みや不安ってなくなりません。

 

転職先でも結局倒産やリストラの心配ってありますよね?

老後の経済的な心配とかなくなりませんよね?

 

 

少しショックを受けるかもしれませんが事実を言います。

 

人に雇われている限りずっとその悩みは無くなりません。

 

 

転職理由が人間関係とかなら転職でもいいとは思います。

その場合は無駄な時間を過ごさずにさっさと転職してしまった方がいいとすら思います。

 

嫌な想いで毎朝会社にいくより転職して明るい気持ちで通勤できる職場に変えた方が絶対に幸せです。

 

もし転職が人間関係の問題とかでないのなら、

収入源(キャッシュポイント)を増やしたり自分で稼ぐ方法を学んでおいた方がいいです。

 

 

”今よりちょっと良い会社’

に移った所であなたの生活や人生はほとんど変わりません。

今と同じです。

 

 

年収が400万だったのが一気に年収が1000万以上になったとか、

そういう劇的な変化があるならありかもしれないけど、

月の休みが1日増えたとか残業時間がちょっと減ったとか、

給料が前職よりも2,3万上がったとか、通勤時間が30分減ったとか。

 

 

そういう少しの変化であなたの人生が変わる事はありません。

おそらく今抱えている悩みや不安などは無くなりません。

きっとほとんど何も変わらない。

 

それにその生活にも直ぐになれて次第にその生活にも不満を感じるようになり、

もっと良い暮らしに憧れを抱くようになります。

そしてまた転職し1から新しい仕事を始めます。

 

ですが残念ながら倒産やリストラのリスクは残ったままです。

転職しても根本的な解決にはなりません。

 

 

あ、通勤時間が30分減っても何も変わらないと書きましたが、

減った30分を ”学びの時間’ にして、

それを1、2年とか続ければ変わる可能性はあります。

 

けど、ほとんどの人はそれができません。

本当です。

ちょっとできても続けていくことはできません。

人間ってそういう生き物なんです。

 

 

だからがんばってやった人は富を得やすく裕福になれる可能性はやらない人よりも全然高いです。

自分で大きなお金を稼げるようにもなれますし自由な時間を増やすこともできます。

サラリーマンの平均年収の2倍、3倍、5倍、それ以上の金額とかを稼げるようになる可能性があります。

 

もちろん今この記事を読んでいるあなたにだってそうなれる可能性は平等にあります。

それは福沢諭吉も言ってます。

 

 

話しを戻しますが、

転職するのに掛かる労力もかなりのものです。

会社には内緒で仕事の合間や帰宅後に転職先を探して、

時間作って面接を受けて上司に退職の話しをして、

 

ん?順番逆かな?

まぁいいか(^^;

 

 

それで通勤場所も通勤方法も通勤時間も変わって、

新しい仕事も1から覚えて、

人間関係の構築もまた1からで・・・・・

 

 

ちょっと想像しただけでも結構大変そうですよね(^^;

僕の友人にもこんな人が数人います。

 

「転職したい。仕事辞めたい。」

と昔から言っているけど、もう10年以上もそこに勤務している。

そして未だに言っているw

 

まぁ仕事探すのがめんどくさいのと実はそんなに嫌じゃないんだろうなって思います。

 

 

転職先に恵まれない場合も当然あるし。

前の会社の方が良かったって思ってもも転職してからでは手遅れですし。

 

 

まぁそんな感じで、安易に転職すれば良いってもんでもありません。

 

 

 

自分でお金を生み出すスキルがあれば問題解決

 

じゃあ根本的な悩みや不安を解決する方法はどんなのものがあるのか?

それは、

「会社に頼らなくても自分でお金を稼ぐスキルを身に着ける。」

という選択肢があります。

 

 

”給料を貰う方法”

ではなくて、

”お金を生み出す方法”

を知ってさえいれば時代が変化してもお金には困らなくなります。

 

まぁ解りやすくいうと起業家や経営者にあなたがなることです。

(もちろん副業でビジネスをしても全然OKですけど。)

 

 

あなたがサラリーマンを辞めて経営者になれば、

年齢を重ねて体が動かなくなってきたとしても、

人を雇ったりIT、ツールを使えば作業はしてもらえます。

(本業の仕事をしながらそれとは別にあなたが人を雇ってビジネスをしてもOK)

 

 

ちなみに、

何か資格を取ったとしても会社に雇われている場合は結局同じです。

安心、安定って事はありません。

 

資格やスキルに対して特別な手当がついたとしても同じです。

少し給料が良くなるだけの話しです。

 

結局いつ首を切られるかはわからないしいつ会社が倒産するかもわからない。

それにこの先その資格(その仕事)自体が必要なくなるというリスクもあります。

 

 

 

自分でお金を稼ぐ力を副業で身に付けよう

 

真面目な人ほど今の仕事に一生懸命打ち込んでいるのだと思いますが、

これからは”1つの仕事だけ”にこだわらず、

いくつかの収入源を持つ生活へ変化しておく方が安心・安全なのは間違いありません。

そういった動きも既に広まってきているしそれが当たり前な国々ももうあります。

 

 

政府が副業を推奨し始めた理由はそれです。

IT・機械化の影響で失業者がこれから増える事を予測し、

今の内から収入源を複数用意しておいた方が良いと判断したためです。

 

 

リストラによる自殺者は多いです。

その多くは収入減が一気にゼロになってしまったため、

突然のことに思考は停止し気力は失われそれでもお構いなしにくる月々の支払いに悩まされ、

 

最悪の場合支払いに追いつかず借金をし、

返済することができずに借金も膨れ上がりどうしようもなくなり現実逃避し、

気付いたら自殺という道しか残されていなかったというような人達です。

 

一家心中する人達もいます。

奥さんと子供だけを残してこの世を去る人もいます。

 

 

その後の奥さんと子供がどんな生活をしていくのか想像できますか?

 

 

正直考えたくもありません。

 

今これを書きながら物凄く嫌な気分です。

(考えちゃって…自分のせいですけど…)

 

 

副業というと二足の草鞋(にそくのわらじ)のような生活です。

 

日本は職人気質な所があってあまり受け入れにくいかもしれない所があるし、

実際まだあまり浸透していないかもしれません。

 

けどこれからは徐々に浸透していって、

いつの間にかそれが当たり前になっていると思います。

だってそうしていかないと生活が苦しいから。

 

 

会社に副業禁止と言われて素直に守るのは構いません。

それで本当に自分や家族を守っていけるのであれば何も問題はありません。

もし何かあった時に会社の社長が守ってくれる保証があるのなら全然OKです。

 

でももしそうと言い切れないのなら、

罪悪感やバレた時の心配はあるかもしれないけれども、

会社以外の違う収入源を今のうちに作っておく方が確実に安心感を得られるし生活も楽になります。

実際に何かあった時に家族を守れるのは収入減をいくつも持っている人の方です。

 

 

家族(自分の人生)と会社どっちのが大事ですか??

 

 

自分はもちろん。奥さんやお子さんを守るのはあなたです。

あなたにしかできません。

だから今の内からしっかりと準備を整えておく必要があります。

家族と自分を路頭に迷わせないために。

 

 

けれど勘違いして欲しくないのが、別に1人で全てを抱え込む必要はありません。

家族と協力して安全・安心な生活のために一緒に進んでいけばいいと思います。

 

一緒に副業をやってもいいし、奥さんの名義であなたが副業をしてもいい。

もし会社にバレるほどの金額を稼げるようになっている時には、

その会社をやめても生活できる位には稼げている状態になっているはずです。

 

 

「1つの会社がダメでも、これがある。これがダメでもあれがある。」

みたいな。

 

 

1つの事を貫いてやり抜き追及していく!

職人とか何かを成すにはそれも大事ですしとても凄いことだと思いますが、

そうじゃない違う生き方もあるのだと知っておくことで少しは楽になるはずです

 

もうそんな時代への変化は始まっています。

会社だけの収入では生活が厳しいってとこが増えているしそもそも会社が持たないケースも増えています。

今後もっと増えることは明らかです。

 

 

大手企業、大手メガバンクの大量リストラなどをみても分かると思います。

政府も副業を推奨しはじめていて副業OKな会社もどんどん増えてきています。

世界が変わっていくのにあなただけが今と何も変わらないなんてことはあり得ません。

 

 

僕たちは自分や自分の大切な人を守るために、

自分でしっかりと考えていかなければなりません。

 

 

何も考えずにのほほんと過ごしていると、

いつか困ってしまう状況になる可能性が高まります。

 

 

病気や事故、災害と一緒で、事が起きてからでは手遅れになる場合もあります。

事が起きる前に対策を取っておく必要があります。

悲しい思いをする人が少しでも少なくなるように。

 

 

 

知っていれば対処できる。

 

もし倒産やリストラなどがあってもしっかり対応できるように、

色んな事をまずは知っておく必要があるかなと思います。

 

やるやらないはとにかく置いておいてまずは知っておくのが大事。

 

 

物事はなんでも、

できることを知る ⇒ 方法を知る ⇒ やってみる

の順番になります。

 

最初の ”できることを知る’ の部分が無ければ次の ”方法を知る’ って部分は出てきません。

 

方法を知らなければ当然最後の”やってみる’ってことにもならない。

 

 

野球のルールを知らなければ野球として成り立ちません。

ただボールとバットで遊んでいるだけです。

 

そもそも野球というものを知らなければ、

それがどんなに楽しい事だとしてもそれをやろうとすら思いません。

なので、まずはそれを知るってことが大事なわけです

 

 

 

例えば、副業を例に1つ出すと、

 

1、まずは知る。

インターネットを効率的に使い他社商品、もしくは自社商品を紹介し販売する。

 

その商品が自動で売れる仕組みを作ってさえしまえば、

自分が寝ている時でもデートしている時でも自動で商品が紹介され物が売れる。

 

そして勝手に口座にお金が振り込まれる状況を作ることができる。

そういった事ができるという事をまずは知る。

 

これはいわゆる【情報発信】や【ネットビジネス】と言われるものです。

【アフィリエイト】の仕組みを利用し情報発信をしてそういった状態を作ることもできます。

(そういったことができるという事をあなたは今知りました。)

 

 

2、方法を知る。

インターネットを使ってメルマガもしくはLINE@などの登録ページを用意する。

メルマガ、LINE@に登録してもらい、メールを送れば勝手に商品が紹介され、

勝手に商品が売れるという仕組みの作り方をマスターし実行する。

 

後はそれを広めるためのマーケティング手法などを学ぶと会社に頼らずとも自動的にお金を稼げるようになる。

(かなりざっくりですがどんな方法があるのかをあなたは今知りました。)

 

 

3、やってみる。

解らない事は調べながら、はたまた誰かに教わりながら成功するまでやる。

(ここはこれからあなたがやらなければ実現しないことです。)

 

 

という感じです。

 

 

 

会社に頼らずに稼げるビジネススキルがあれば不安はなくなる。

 

もし、

起業生存率が例え0.02%だったとしても、

自分で稼ぐ知識と技術があれば何も不安はありません。

 

なぜなら、

会社から給料をもらわなくても自分でいつでもお金を生み出す事ができるから。

 

 

当たり前ですがこのスキルがあれば倒産やリストラの悩みからは一生解放されます。

会社から給料を貰わなくてもお金が手に入るってことですから。

会社が倒産しても問題ありません。

 

 

そうなると、

朝から晩まで嫌いな上司なんかにこき使われることもなくなります

長い時間拘束されることもなくなります。

 

嫌々仕事をする必要もないし対人関係のストレスが無くなって心地よく毎日が過ごせるようになります。

自由に使える時間も増えて好きなことをする時間もたくさんできます。

 

だから僕は会社に頼らずに自分で稼げるビジネススキルを身に着けることをおすすめしている訳です。

 

 

自分で稼ぐとかこういう事を言うと、

「なんか難しそう。俺には無理。」

と思うかもしれませんが、一昔前ほど難しくはありません。

 

 

起業とか独立も今ではそんなに難しい事ではありません。

ほぼリスク0。借金無しで自宅で起業だってできます。

インターネットが出てきた事によって起業のハードルはかなり下がりました。

 

 

 

そうなるまでに掛かる時間も、

これからあなたが転職しようと思って転職先を探して、

退職して新しい職場で働き始めるまでの時間とそんな変わらないと思いますし、

小さい収益を出すだけなら絶対に転職よりも早いです。

 

 

軽い気持ちで副業からはじめて大きく稼げるようになってきてから起業することもできます。

もちろん起業しなくてもOK。副業のまま稼ぎ続けることもありです。

あなたの自由ですから。

 

 

副業でビジネスをしている場合でも、

もし会社が倒産しても収入は0にはならないので無いよりはあった方がマシです。

月10万円でも今の収入にプラスされたらどうですか?

ちょっとは生活が楽になると思いませんか?

 

 

ちなみに、

副業から始められるものでほぼ資金もかからず誰でもできるもがあります。

副業から本業にチェンジすることも可能。

 

 

それはなにかというと、

【インターネットを活用して情報を発信しビジネスをする】

です。

 

 

既存の事業などがある場合、売り上げをもっと増やしたいなら、

【インターネットを既存の事業と組み合わせてビジネスをする。】

です。

 

 

これってもはやどんな事業だろうが当たり前の事ですけど。

ネットを使わない会社ってもうあまりないですよね(^^;)

(でもまだまだ活用できていない企業は多いです。)

 

 

それを会社ではなく個人でもやってしまおうという事です。

だから現代では個人でもビジネスをしやすくなり起業することも簡単になりました。

 

 

インターネットがなかった時代にはできなかった事ができるようになった。

ネットは苦手って人でもそんなに難しいことをする訳じゃないのできっと大丈夫、なはずです。

馴れるまでは大変かもしれないけどきっとできます。

 

 

僕は最初パソコンすら持ってなかったし未だにExcelすらよく分かりません(^^;

プログラミングの事なんて全く分からないし、

正直ネットサーフィンとかタグとかの意味も最初は分からなかったです。

ぶっちゃけ今でもできることなんてタイピングくらいですw

 

 

ですが少しづつ学んでネットで収入を得る事ができました。

ネットビジネスをいわれるもので60万以上は売上を上げています。

なので今はまだ何も分からないという場合でも少しずつ勉強して大丈夫です。

稼げるようになります。

 

 

 

学べるものはたくさんある

 

「じゃあそういうのがあるのは分かったけど、実際に俺はどうすればいいの?」

って声が聞こえてきそうですが、

もしまだ何もわからない状態であるなら、まずはインプットするしかありません。

ビジネスのことや情報発信(アフィリエイト含む)について。

 

 

何も分からない状態で行動をすることはできません。

スポーツでも仕事でも料理でもそれはどれも同じです。

だからまずはネットビジネスなどについて色々と学ぶ必要があります。

 

 

学ぶというと反射的にめんどくさって思うかもしれませんが、

今はそういった知識がまとめられていて効率良く学べるものはたくさんあります。

ただ詐欺っぽいものや全然役に立たないものもあるのでお金を払うって学ぶ場合は注意が必要です。

 

 

何で学ぶかは、絶対に有料のものを購入する方が良いのですが

いきなりはそんなの信用できないよって人がほとんどだと思います。

僕も最初はそうでしたたし(^^;)

 

なのでとりあえず無料のものから情報を得てみるのが良いと思います。

 

 

無料のものでも良いものっていうのはあります。

例えばこれとかでもかなりの知識が身につきます。

 

 

それでも無料ってやっぱり無料なのでそれなりの情報しか得られないという感じですが…。

ゆくゆくは有料のものでしっかり学んだ方が力は尽きます。

それにスピードが圧倒的に違いますし。

 

 

今は何もわからなくても無料のものからでも少しずつ学び、

諦めずに努力し続けていけば必ず稼げるようになります。

 

自分を信じてもいいし信じなくてもいいからとにかくチャレンジしてみて欲しいです。

 

なにかあった時すぐに対処できるように。

きっとそれが自分や大切な人を守ることに繋がります。

 

 

僕にビジネスを教えてくれた人がこんなことを言っていました。

 

「昨日と同じ今日を過ごす人は、今日と同じ明日を過ごす。

ということは1年後でも今と同じような毎日を過ごしている。」

 

 

今日の行動を少しでも変えなければ

1年後でも3年後でも今と変わらぬ悩みを抱え、

今と変わらぬ不安を抱き続けるでしょう。

 

悩みや不安を解消するためにはどうすべきか…

それは昨日までとは違う行動をするということ以外に方法はありません。

 

 

難しそうだなと思っていても、できなそうだなと感じていても構いません。

とにかくなんでもいいから試しにやってみて欲しいなと思います。

チャレンジしてみたら何かしら変わるので。

何もしなければ1ミリも変化はありません。

おそらく一生不安や心配は解消されることはありません。

 

 

 

それでは長くなってしまいましたが、

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました(^^♪

 

 

 

ビジネスを学び会社に頼らずに稼げるようになった成功者たち

 

>>公務員をやめてネットビジネスを学び1年後に起業。月1,000万達成し年商1憶越えのTさん。

>>労働時間ほぼ0なのに ”自動の仕組みで 3億2千万円’ を稼ぐようになったアラサー男性Hさん。

>>金なし、コネなし、知識なしから年商 5,000 万円を稼ぐまでに成長したNさん。

>>スロプロがネットビジネスへ挑戦!その後起業し月収262万円のwebコンサルタントへと大変身!

>>PMでビジネスを学習後、インターネットビジネスで年商 7,000万円を稼ぐようになった主婦(子供3人)のNさん

 

 

 

僕や上記の成功者が会社の給料以外で収入を得られるようになるため

ビジネスについて学んだものはこちらです。

↓↓↓

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

下のバナーをクリックしてくれたら嬉しいです(^^♪

 


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

資金・知識が0からでもブログで10万円以上稼げるようになるために

資金・知識が0からでもブログで10万円以上稼げるようになるために

プロフィール

プロフィール

初めましてみらいです。
僕は元トリマーでしたが、重労働によりヘルニアになってしまい肉体的にしんどくなる&手取り12万円という貧乏生活に苦しくなり、早く資金を貯めて独立をしようと思い必死に副業を探しました(;´Д`)

インターネットを活用すれば資金の無い貧乏人でもノーリスクでビジネス始められるという事を知りチャレンジ!

簡単な作業で初月から2万円の利益が発生。
物販ビジネスに取り組みその後売上50万以上にもなる。

その後このブログを作成し情報を発信することに。
すぐに利益は出ませんでしたが継続していく内に次第に収入が増えていきブログはどんどん成長し現在も拡大中。

現在ではストレスを感じる事もほぼ無くなり、常にあった将来への経済的な不安もほとんどありません。

あなたも自宅での作業で給料とは別に10万円の収入を得られるようになりませんか?(^^)

まぁ詳しいプロフは下の”プロフィール’をクリックした先にあるので是非読んでみて下さい(^^)/
プロフィール

 運営者情報 

カテゴリー

アーカイブ

Twitter でフォローする