ワードプレスに最低限入れておくべき3つのプラグイン。

ワードプレスは「プラグイン」という追加プログラムを入れる事によって、

どんどん機能アップをしていく事ができます。

 

今回は最低限設定しておいた方が良いプラグインについて解説していきます。

まずはワードプレスに最初から入っているつのプラグインと、

新しく追加するプラグインについてです。

※デザインなどは変更されている可能性もあります。

 

 

Akismet

 

ワードプレスは「ブログ」という性質上、

コメントやトラックバックを受け付ける事ができる機能があります。

コメントやトラックバックを受け付けると、

スパム的なものも非常に多くあったりします。

 

Akismet というプラグインはそういったスパム攻撃を防ぐためのプラグインで、

最初からインストールされています。

 

しかし、

何もしないと動いてくれませんので設定をしていきましょう。

いくつか作業がありますが、最初だけですのでがんばって下さい。

 

 

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

ここで作成したAPIキーは、また別のドメインにワードプレスをインストールした際の Akismet 設定の時にも利用できます。

 

 

 

 

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch は WordPress を日本語で利用する際に必要なものです。

これは有効化をクリックするだけでOK!!

プラグイン



インストール済みプラグイン



WP Multibyte Patch を探して【有効化】をクリック。

 

 

 

 

PS Disable Auto Formatting

 

ワードプレスで記事を書く際には、

「ビジュアルエディタ」「テキストエディタ」

の2種類があります。

 

ビジュアルエディタはHTMLタグが分からない方用で、

テキストエディタはちょっとは分かる方用といった感じです。

 

ただ、どちらも稀におせっかいなHTMLタグを入れてしまったり、

ビジュアルエディタとテキストエディタを行き来している間に、

HTMLタグが崩れてしまったりする事があります。

 

これは、それを防止するためのプラグインです。

 

ワードプレスには元々は入ってないので新しく追加をする必要があります。

インストールして「有効化」するだけでOKです。

 

 



 



 



 

 

他の記事

ブログ記事を書く時の4つの注意点。

勝ち組になるにはこれを意識しろ!レバレッジ効果でビジネスを加速させるべき理由。

 



 

 

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • TONTON
    • 2018年 2月1日

    こんばんは。
    プラグインは沢山ありますよね。
    一度にたくさん入れても使いこなせ無いから、先ずはこの3つはプラグインしようと思います(;´・ω・)s
    情報をありがとうございます。

      • みらい
      • 2018年 2月1日

      こんばんは。
      プラグインは確かにいっぱいありますからね(^_^;)
      是非これらを使ってみて下さい。
      また他のプラグインもご紹介しますね。
      がんばっていきましょーー(^^)/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

学歴・ビジネス知識ゼロの僕がネットで収入を得られるようになった理由とは?

学歴・ビジネス知識ゼロの僕がネットで収入を得られるようになった理由とは?

プロフィール

プロフィール

初めまして。みらいです。
日々の生活の経済的な悩みや人間関係、将来不安などでストレスを溜めるのはもうやめませんか?
今この瞬間から、あなたの人生はあなたの望むように変えられます。

僕は24歳の時に トリマー(犬の美容師さん) になろうと決意し、そこからお金を貯め学校に通い、ストレートにトリマーになった人達にはかなり遅れてですが、晴れてトリマーになることがでました。

ところが、重労働によりヘルニアになってしまい、トリマー人生はわずか半年で終了。

トリマー時代のあまりの給料の安さに耐えられずに副業を探していた時にインターネットでビジネスが出来るとゆうことを知り実践。

仕事の後にちょろっとやっただけで初月から2万円の利益発生。
その後も手探りでやった結果、休日にちょろちょろっとやったら累計で50万円以上の収益が・・・詳しいプロフィールはここをクリック

メッセージ質問等ありましたら、なんでも構いません、お気軽にサイト上の「メールフォーム」より送って下さい。

 運営者情報 

カテゴリー

Twitter でフォローする

アーカイブ